薬を使わない不妊治療・妊活

   

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 子供が欲しいのになかなか妊娠しない。
  • 両親から子供はまだかと会うたびに言われる。
  • なんで妊娠できないのか原因がわからず不安。
  • いつまで治療を続けるのか先が見えず不安。
  • 体外受精など高額な費用で経済的にもつらい。

現在日本では

不妊治療を受けている女性は約47万人

治療を受けていなくても悩んでいる方はもっと多いと思います。

 

治療法としては

  1. タイミング法
  2. 人工授精
  3. 排卵誘発剤などの薬物療法
  4. 体外受精

または男性側の不妊治療もあります。

 

ですがなかなかうまくいかずに、

通院回数が増え、期間が延びれば延びるほど

体力的にも精神的にも金銭的にも大きな負担となっていきます。

 

人工授精などの治療では平均で約134万円

体外受精などでは平均で約193万円となり

300万円以上かかるような方も6人に1人はいるそうです。

 

西洋医学的な不妊治療の問題点

日本で主に行われている不妊治療の手段が主に病院で行われる西洋医学的な不妊治療ですが、

卵管閉塞子宮内膜症子宮筋腫など病的な理由があれば非常に有効になりますが、病的な理由のない不妊に対しては効果が著しく下がります。

体外受精などに進めば、確かに受精はできますが、結局母体では育たず妊娠につながらないことは出産率の低さをデータが表しています。

原因がはっきりしないまま治療が長引くと、

肉体的にも金銭面的にも大きな負担がかかってきます。

 

これは、胎児が育つための環境が整っていないたけでまずは、お母さんの身体が少しでも健康になり、ただ、受精をさせるのではなく、

着床後にしっかりと胎児が育つ環境をつくるが最優先です。

 

熱帯魚に例えれば

いくら元気のいい熱帯魚を買ってきても水槽にただ水を入れ温度も酸素も足りないところに入れても熱帯魚はすぐに死んでしまいます。

環境を整えないまま、死ぬ度に新しい熱帯魚を入れてもちゃんと育つ確率は限りなく低いですよね?

しっかりとエアーをつけ、温度管理もしっかりとした上で水槽に入れてあげれば、元気に育ちます。

胎児が育つための母体の健康という

環境をつくることが最優先となります。

代替医療的な不妊治療の問題点

病院での治療がうまくいかず、鍼灸または整体などで不妊治療や妊活を始める方もいます。

そこでの問題点とは代替医療と呼ばれる治療院は数多くありますが、

しかし統一的なガイドラインがなく、

施術者の技術、知識。経験に大きな差があります。

その中でも一切の検査をせずに施術を行うというところが多く、

不妊の原因をはっきりさせることなく指標もなく施術していることも珍しくありません。

その数多くある中には、科学的な根拠を全く持たないどころかボキボキする整体や粗悪なサプリメントなど逆に母体に悪影響を及ぼすものも少なくありません。

 

その為にはまずは医学的な病気の有無の検査をし、病気が除外できた上で、

ではどこが原因かを調べる機能検査を行うことが大切です。

 

当院の不妊治療の流れ

 

病気の疑いがなければ母体の身体が正常に機能しているかの手で行う検査、最新医療機器を使った検査と身体の状態を調べたうえでご自身で現在の状態を把握・実感できるようお伝えします。

その後、【M式テクニック】というコンピューターを用いた施術により、

M式テクニック

神経・筋肉・骨格3つの器官にアプローチをし身体の機能を回復させていきます。

特殊なソフトな振動を用いることで筋や骨などの組織を傷めることなく施術ができる為、5歳くらいのお子様から90歳過ぎの方まで安心して施術を受けられ、マッサージの後の揉み返しなどは起こりません。もちろん妊娠中の施術も可能なので妊娠中の肩こり、腰痛の治療・予防にも効果的です!

妊娠

 

そふとな刺激なので妊娠中でも安全に安心して施術することが可能で、

妊娠中に多い悩みである肩こりや腰痛も妊娠前よりも悩むことなく出産に望めたとの声も頂きます!

不妊