交通事故のむちうち

   

このような症状でお悩みではありませんか?

江戸川区の交通事故のむちうち

  • 交通事故後から首や腰が痛い
  • 交通事故後から頭痛やめまい、不安感がある
  • 事故直後にはなかった症状がでてきた
  • レントゲン等の検査では異常なしと言われた
  • 治療は電気と湿布だけで治る気がしない

交通事故の怪我を経験した人の中では病院で医師にむちうち症と言われたこともあると思います。

むちうち症とは事故の衝撃で頭が前後左右に振られ、首が鞭のようにしなってしまい痛めることからくる通称で診断書に書かれる正式な名称は頸椎捻挫といい首の部分の捻挫ということになり整骨院に受診する交通事故での怪我の中では最も多い怪我になります。

特に首の部分には延髄などの生命維持に重要な中枢神経もあり、

  • 交通事故後から吐き気や頭痛がする
  • めまいや立ちくらみがする
  • 夜眠れなくなった
  • 突然不安感に襲われる

など痛みだけではなく自律神経失調の症状なども出てきます。

 

またむちうち症は軟部組織の怪我で病院のレントゲンやMRIでは病理的な異常がでることはなく症状を軽く見られてしまうことも少なくありませんし、特に交通事故の治療で自律神経の失調を問題視する病院もほとんどありません。

これがどんなに辛い症状でも検査で『異常なし』となる理由になります。

 

むちうち症の種類

1.頚椎ねんざ型

約70%がこの型と言われ、首、肩、背中の痛みや動きの制限はあってもしびれなどの神経症状がないものになります。適切な治療を受ければ後遺症などがなく経過が一番いいのがこのタイプです。

 

2.神経根型

首、肩、背中の痛みや運動制限に加えて、首の骨から出ている神経に損傷があり手指や腕などにしびれや痛みなどの神経症状の出ているタイプです。上を向くなどするとしびれや痛みが強くなるのも特徴です。

 

3.脊椎神経型

中枢神経である脊髄を損傷してしまった状態で病的反射や深部腱反射が亢進などの異常反射が出現します。上半身だけでなく下半身にも神経症状や歩行障害が起こります。

4.バレリュー症候群型

首、肩、背中の痛みや運動制限の他に頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・不眠・不安感などの自律神経症状が現れます。

  • 首の周囲の緊張により自律神経機能の障害
  • 椎骨動脈周囲の交感神経刺激
  • 椎骨動脈血流障害による脳幹の血行不良

5.脳脊髄液減少症型

交通事故の衝撃によりくも膜に傷ができそこから脳脊髄液が漏れ、自律神経症状が出るのが特徴で天候の変化で悪化したり、横になると症状が経験したりすることで判断されます。

6.複合型

上記の状態が複数合わさり症状を起こします。多くの場合が複数の分類が合わさった場合が多く、診断・治療には特に専門的な知識、技術、経験が必要となります。

 

一般的な交通事故の治療と新小岩けん整骨院の交通事故治療の違い

一般的な治療

交通事故治療の場合まずは病院へ行くことになると思いますが一般的な整形外科などの場合にはまずレントゲンをとります。ここで骨折や脱臼などの病理的な異常が見つからなければ軽症と判断されることが多く、湿布や痛み止めのみ処方され、様子を見ましょうと終わらされてしまうことが一般的です。

痛み止め、湿布

吐き気や頭痛、筋肉の張りを訴えても吐き気止め、頭痛薬、筋弛緩剤などの薬の処方などをするなどの対症療法を行うのが一般的です。

マッサージ

リハビリ施設のある病院や整骨院ではマッサージを行うところがほとんどです。初期の炎症期に怪我をしたところを揉めば傷口を無理やり広げるようなものなので確実に悪化します。保険担当者の方も『2週間は整骨院へ行かないでください』などということがありますが、知識のない整骨院ですと事故直後からマッサージを行うところもあるので注意が必要です。

鍼・灸(はり・きゅう)

整骨院で行う鍼灸は流れ作業で行う施術のことが多く、また、自賠責保険で鍼灸の施術を認めてくれるケースはあまりなく、あくまでサービス的にやっているところが多いが、そのような施術では感染症対策やお灸によるやけどのリスクなど施術の品質が優れているとはいえないことも。

牽引治療

首は7個、腰は5個の脊椎(背骨)の間隔が狭くなり神経を圧迫しているから神経の圧迫をとるという名目で整形外科や整骨院で行われることも多いが交通事故での脊椎の衝撃は剪断力(せんだんりょく)といって、上下に負荷がかかったものではなく、面の平衡方向に滑るように大きな衝撃がかかったものになり、上下に引っ張ってしまえば圧迫を取り除くどころか逆に圧迫を強くしてしまうので交通事故の治療には向いていない。

バキバキする整体

治療どころか交通事故で大きな負担のかかった脊椎にさらに負荷をかける行為で可動域が過剰に広がってしまう(ハイパーモビリティ)を起こすことや、どんなに熟練の施術者が行っても医療機関と連携をせず画像検査のデータのないまま行えば、命の危険すらあるのでたとえ健康な時でもやってはいけないものの一つ。

江戸川区 新小岩けん整骨院の交通事故治療

当院では受傷から1週間から2週間は炎症を抑えることに集中しまずは治すというよりも『これ以上悪化させない治療』を行います。

そのため初期はアイシングや頚椎カラー、微弱電流など炎症を早く引かせる治療を行います。

炎症期が過ぎた後は干渉波などを使用し始め、損傷した組織が回復してきたところで首の関節機能を回復させる江戸川区新小岩で唯一のM式テクニックで専門的な治療を行っていきます。

<M式テクニック>

江戸川区 新小岩けん整骨院の最新治療機器

歪みのある部位をコンピューター(高感度医療機器)により測定し特殊な共鳴振動数を計測し振動により共鳴振動を伝えることで体の本来持っている正常な生理作用により歪みを治し、構造を治すことにより神経系の機能が回復させる。そうすることで本来の自己治癒能力が働き何年も経ってから歪みにより後遺症などが出ないよう根本的な原因を治療していきます。

 

お客様の声 | 新小岩けん整骨院

  • 交通事故で、首の痛みと頭痛が出ていました。

    江戸川区の交通事故

    交通事故で、首の痛みと頭痛が出ていました。最初は別の整骨院に通っていましたが、マッサージが強かったのか、首の痛みと頭痛が強くなり、吐き気も毎日出てしまい、たまたま通りがかってこちらに相談させてもらいました。すると、整形外科にはまだ行っていなかったので紹介状を書いてくれ詳しい検査をしてもらい、骨などは異常ないとリハビリを続けながらこちらの整骨院に転院し、病院と併用しながら通わせてもらっています。あれだけ悪化してしまった首の痛みは半分ほどになり毎日出ていた頭痛や吐き気もなくなりました!ありがとうございます!

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 新小岩 女性 しびれ、不眠

    30年前の交通事故で負傷し足のしびれがどこに行っても治らなかったのに今ではなくなってきて、不眠が続いていたのが良く眠れるようになって嬉しいです

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 鞭打ち症と言われあきらめていました

    30年前交通事故で負傷し足のしびれが治らなくて目眩やら吐き気な14年~15年位つづきどこの病院に行っても、鞭打ち症と言われあきらめていましたがけん整骨院の先生に診ていただき、しびれや目眩がなくなり、すっきりして来ましたこれからを楽しみに長生きしていきたいと思えるようになり嬉しい限りです

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。