腰の痛み

   

このような症状でお悩みではありませんか?

男性悩む腰痛で

  • 何度も腰痛を繰り返す
  • ひどくなると足にしびれがでる
  • 長時間座ってられない
  • 湿布を貼っても効かない
  • 長い時間歩けない

男性では体に不調を訴える原因で最も多い腰痛。女性でも肩こりの次ぎに多い悩みが腰痛であり2位となっています。

腰が痛い原因はたくさんあると思いますがよく聞くのが『ぎっくり腰』『腰椎椎間板ヘルニア』『腰部脊柱管狭窄症』『腰椎すべり・分離症』など聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これらはほとんどが腰痛の本当の原因ではありません

なぜなら全く症状を訴えていない人でも検査を行うと5割~8割で問題がみつかるという文献もあります。

本当の腰痛の原因

それは姿勢の悪さによって自律神経の働きが悪くなっていることが原因となり、筋肉の緊張や血行不良、筋力不足などは原因の一つではありますが本当の原因ではありません。

だから症状のある腰にいくらマッサージしても鍼やお灸をしても薬を飲んでも繰り返す腰痛(ぎっくり腰)が治ることはなく何年も悩んでいるひとが多いんです

正座を例にとると

正座をする(姿勢が悪い)→すぐには症状は出ないがしばらくすると足がしびれる、痛い

この状態で足をマッサージしても、鍼やお灸をやっても薬を飲んでもしびれや痛みは誤魔化すことはできても根本的な解決になっていないのはわかると思います。

同じように姿勢が悪い状態で生活を続ければ次第に神経の働きが悪くなり痛みや症状が出てきます。

この状態で姿勢を治さず症状のある腰だけをマッサージしても、鍼やお灸をやっても薬を飲んでも症状を一時的に抑えることができるだけで根本的な解決になっていないので腰痛(ぎっくり腰など)を繰り返してしまうわけです

腰痛を放っておくとどううなるの?

仕事が忙しいからなどの理由で痛み止めやマッサージなどという症状に対してのみの治療(対症療法)で根本的に治療をしないと・・・。

ヘルニアや脊柱管狭窄症の原因になる

ヘルニアや脊柱管狭窄症は腰の骨(腰椎)に過度な負荷をかけ続けた結果、椎間板が飛び出たり、腰椎が狭窄などの腰の変形がおこりひどくなって初めて病名がつきます。

坐骨神経痛や連続した歩行が困難になる

悪い姿勢のまま生活を続けることで腰から足にかけて放散痛が出現したり、今まではなんでもなかった距離を休憩をとらないと一度に歩けなくなる『間欠性跛行』などの症状がでてしびれで眠れない、外で歩くのが怖くなるなどして外出もできなくなることもあります。

ぎっくり腰を繰り返し背骨が変形

痛み止めやマッサージで根本的に治さず痛みを誤魔化しながら腰に負担のかかる生活をすればすぐにぎっくり腰を繰り返し、歳を重ねた時には腰椎の変形も起こしいわゆる『腰の曲がったお年寄り』になってしまいます。

変形した骨は元には戻らないので100%の回復は不可能になります。

 

江戸川区新小岩けん整骨院の腰痛施術

新小岩けん整骨院ではいきなり腰をもみもみするようなことはしません。

原因は筋肉ではないからです。

腰痛の本当の原因は『姿勢=構造』の乱れであり、歪みが触っただけでわかるというような経験やただの勘などのような曖昧なものではなく、専門の医療機関と連携し客観的な医学的根拠のある画像データを参考にしたうえで、徒手で関節の動き、筋肉の力の入り方など様々な検査を総合して考察し、その後初めて施術に入ります。

なので慢性化してしまった症状の場合には初回は60分~90分しっかりと問診の時間をとりますが、その後の施術自体は15分ほどで終了します。

『延長はないの?』と質問されたこともありますが、医療機関でメスでお腹を切るような手術をするとき延長してもらいたいでしょうか?

ここが医療(治療)と慰安(リラクゼーション)の違いではないでしょうか?

患者さんの体にかかる負担を最低限にするため無駄なことをせず短時間でかつ治療効果は最大限に出す治療法それが当院で行うM式(バックエイジングセラピー)となります。